トップ  >  4つの約束

能動態を使います


日本語は主語を省略できるため、特許明細書を日本人が英訳すると、どうしても受動態が多用される傾向にあります。特許明細書においては、事物が主体であることが圧倒的に多いため、受動態が相当程度まで許容されることは確かなのですが、英米人が書いた明細書に比べて受動態が多すぎるという点に関しては一考の余地があります。

  

私は次のような英文を書きません。

 

例1:

 【原文】


これらのメニュー項目のいずれかをクリックすれば、対応するサブメニュー項目一覧を取得することができる。

 

 【悪例】


If any one of these menu items is clicked, a corresponding list of submenu items can be retrieved.
 

 受動態を使うことは、主語が明示されていない和文を英訳する最もラクな方法ですが、動作の主体が曖昧ですので、繰り返されると読み手はイライラしてきます。審査官とて例外ではありません。

 

私なら、次のように書きます。

 


Clicking any one of these menu items can retrieve a corresponding list of submenu items.

 

 

修正がしやすい訳文を書きます


翻訳者は、発明者本人でもなければ、その発明分野の専門家でもありません。ベテラン翻訳者であっても、さまざまなリソースを活用して未知の内容を調べながら仕事をしています。そのため、翻訳者が自ら判断・採用した用語や表現が100%的確であることはほとんどなく、クライアントサイドでおそらく何らかの修正が入ると思います。しかし、仮に翻訳者の用語選択が妥当でなかったとしても、原文に対して一貫して同じ用語が適用されていれば、クライアントサイドでは一括変換で処理することができ、無用な労力を省くことができます。  

 

私は、翻訳支援ツールを活用して原文に直接働きかけることにより、従来の逐次入力方式では成し遂げられなかった高次の一貫性を実現しています。

 

 

簡潔・明瞭な訳文を書きます


日本語の特許明細書の質は、改善されてきたとはいえ、まだまだ読みにくいというのが衆目の一致する印象であると思います。その原因としては、ほとんどの弁理士が理系出身者であり、もともと文章作成が得意でない上に、文章作成のトレーニングも十分に受けていないという点も挙げられるでしょう。 

 

こんなことを書くと、「我々の書いているものは発明品に権利を付与するための特別な文書である。文系の人間に何がわかるのか」というお叱りが聞こえてきそうですが、英文の明細書が全般的に明瞭であることを考えると、やはり日本語の特許文は改善の余地を残しているということになると思います。

 

私は特許以外の翻訳を手がけておりますので、明瞭な訳文を書くことには慣れています。そうしなければ翻訳者として生きていけなかったからです。

 

国内出願用の明細書であれば、私は次のような訳文を書きません。

 

例2:


このことによって、データの途絶えなく、伝送路の有効利用が可能であり、各メディアの遅延を少なくし、メディア単位の揺らぎを最小とすることができる。
  

 連用形は、前後のメッセージをつなぐ便利な語形ですが、論理を不明瞭にするという弊害があります。

 

あくまでも原文と対比しながら最終判断を下しますが、私なら次のように書きます。

   


このことにより、データが途絶えなくなるため、伝送路を有効に利用することができる。その結果、各メディアの遅延が減少するとともに、メディア単位の揺らぎも最小化される。

 

特許審査官が審査対象について必ずしも精通しているわけではないことを考えると、簡潔で明瞭な訳文を書くことによって生まれる弊害は存在しないものと考えています。

英訳の際も、冗長な和文を簡潔・明瞭化した上で、すっきりとした英文に仕上げます。

 

例3:

【原文】


本発明によって、ユーザは広告掲示媒体と直接通信が可能な通信手段(ユーザ端末側通信手段)を有するユーザ端末を用いることによって、広告掲示媒体と直接通信することが可能となり、これによって広告掲示媒体の位置情報を送信する際に自動的に広告掲示媒体から位置情報を入手することが可能となる。(特開2003-208539

「通信可能な通信手段」を始め、ツッコミどころ満載の駄文ですが、実在する特許明細書からの抜粋です。何が悪いのか一応指摘しておきます。

 

  「本発明によって」 という文節に、対応する動詞句がありません。

 「広告掲示媒体との直接通信が可能」というメッセージが2度繰り返されています。

 句読点の使い方と語順が悪いため、修飾語句と被修飾語句の対応が不明瞭です。

 文が長すぎるため、読み手にフラストレーションを与えます。

 

【英訳用の和文】


本発明は、広告掲示媒体との直接通信を可能にする端末をユーザに提供する。ユーザは、この端末を用いて、広告掲示媒体の位置情報を送信する際にその位置情報を自動的に入手することができる。

 

【英訳】


The present invention provides a user with a terminal capable of directly communicating with advertising media.  The user can use the terminal to automatically obtain positional information thereof when sending the positional information.

 

  

お客様の意向を反映します

 


 

上記の例 3 が冗長で不明瞭な悪文であることは、誰の目にも明らかでしょう。しかし訳文を見て、

 

「翻訳者にそこまでは踏み込んで欲しくないなぁ」とか、

「駄文であることはわかっているが、その冗長性も含めて原文に忠実に訳してもらいたいんだよなぁ」

 

と言いたくなる方も見えることでしょう。翻訳会社や特許事務所の立場を考えますと、それはそれで十分に真っ当な考えだと思います。

  

ご安心ください。私は御社のご要望にお応えします。翻訳はサービス業であり、お客様の依頼に応えるのがサービスの基本だからです。いずれは自身の考えや方向性と一致するクライアントとだけ仕事をしたいと考えていますが、少なくとも現時点においては、クライアント様の要望は、翻訳者としての自身のこだわりよりも重要だと考えています。


関連サイト

リンゴプロ翻訳サービス

私が代表を務めている会社です。2013年1月設立。翻訳会社ですが、翻訳者の支援と育成をメインに展開しています。

 

私が講師を務めています。 翻訳をやってみたいけど、民間のスクールは敷居が高いと感じている方は是非。

 

 

 【サッカー英語への誘い】

サッカーを通じて英語を学ぶ。サッカーファンに贈る英語学習ブログ

 

 翻訳業界最大の公的な職業組合。翻訳は、横のつながりが生まれにくい仕事ですので、貴重な存在です。私は同連盟の会員です。

 

XOOPS 対応のレンタルサーバーが月々わずか 263 円!運営会社は上場企業なので、安心感もありますね。