Archive |
- 趣旨
- 趣旨 : 効率改善委員会の趣旨
Poster : ellersley 投稿日時: 2010/03/02 (1064 ヒット)
- 趣旨

特許翻訳を手がけるようになって非常にありがたく感じたのが、定型処理の多さです。



  • 本発明は、...に関し、詳細には...に関する。

  • 【図1】...の概略図である。



といった文はどの仕事でも共通ですし、1つの文が、【発明を実施するための形態】、【特許請求の範囲】、【要約】など複数の段落で使い回されていることが少なくありません。


定型処理が多いということは、自動化できる余地が多いということを意味します。IT 関連の翻訳ですと、定型文や反復文の翻訳は相当程度まで自動処理され、その分翻訳料金が削られるわけですが、特許翻訳の世界では、まだそのような合理化が進んでいないことに驚きます。つまり、翻訳者が自らの工夫によって作業を合理化すれば、そのまま自身の収益増に結びつくというユートピアがまだ残っているのです。


 ここでは、定型処理を自動化するプログラムを紹介・配布する予定です。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
関連サイト

リンゴプロ翻訳サービス

私が代表を務めている会社です。2013年1月設立。翻訳会社ですが、翻訳者の支援と育成をメインに展開しています。

 

私が講師を務めています。 翻訳をやってみたいけど、民間のスクールは敷居が高いと感じている方は是非。

 

 

 【サッカー英語への誘い】

サッカーを通じて英語を学ぶ。サッカーファンに贈る英語学習ブログ

 

 翻訳業界最大の公的な職業組合。翻訳は、横のつながりが生まれにくい仕事ですので、貴重な存在です。私は同連盟の会員です。

 

XOOPS 対応のレンタルサーバーが月々わずか 263 円!運営会社は上場企業なので、安心感もありますね。